写真・カメラ・レンズ

また次の春まで

NIKON FM3A, Nikkor-S・C Auto 50mm F1.4 , FUJIFILM 業務用100

 

 

今回でフィルムシリーズはいったん一区切りです。
だいぶ一気に駆け抜けました。

今年の桜の写真も、これにてようやく打ち止めです。
来年の桜はどうですかね。もしかしたらまだ世の中は完全には落ち着いていないかもしれません。
それでもまた変わらず長閑に美しく咲き誇るのでしょう。
また次の春までのお楽しみ。

 

では写真を並べていきましょう。

 

 

000008-4_01

000009-4_01

000011-4_01

000012-4_01

000013-4_01

000014-4_01

000015-4_01

000016-4_01

000017-4_01

000018-4_01

000019-4_01

000020-4_01

000021-4_01

000023-4_01

000026-4_01

000027-4_01

000028-4_01

000029-4_01

 

 

フィルムを始めてみてわかったのは、とんでもなくランニングコストがかかるということ。
カメラとレンズは中古で何万円かで一通り揃うので、気軽に始められるイメージだったんですよ。

ところがどっこい。
フィルム自体はピンキリですが1本 1,000 円かかるし、現像(データ化)も1本 1,000 円くらいかかるしで、
つまり 10 本パックで買ったフィルム全部使ったら 20,000 円かかる計算なわけです。
こんなこと日常的にしてたら安いレンズならすぐに買えてしまいますよね。

フィルムは計画的に、ですね。
とはいえ、やはりフィルムの光の捉え方とか、操作する手触りや音の楽しさとか、デジタルには無いワクワク感が詰まっていて、やめようと思ってもやめられそうにはないです。

まだフィルムも残っているので、またチョコチョコとやっていきたいと思います。

 

 

今回はこのへんで。
ではでは。

  • この記事を書いた人

nuts2u

日々の出来事や撮り溜めた写真を気ままにポストしています。

-写真・カメラ・レンズ
-, ,