冬の空気

FUJIFILM X-Pro3 + XF56mmF1.2 R APD

 

 

 

ここのところ毎朝のように、玄関から外へ一歩出たときの空気の冷たさに驚かされています。

この一週間ですっかり冬の空気に置き換わりました。

今年初めて袖を通した冬物のコートは久しぶりだとなんだか随分と重たく感じます。

今年の冬は例年と違って家に居る時間が長くなったので、エアコンではなく床暖を主力として使うようになったのはひとつの変化。

床暖は風がないところと冷えやすい足先から温めてくれるところがとても良いです。

 

 

DSCF0634_01

 

DSCF0639_01

 

DSCF0682_01

 

DSCF0667_01

 

DSCF0688_01

 

DSCF0691_01

 

DSCF0698_01

 

DSCF0706_01

 

DSCF0708_01

 

DSCF0721_01

 

“今年初めて”とか”今年の冬は”とか言いましたが、厳密には今年の3月までは冬だったので初めてではないんですよね。

もっと適切な言い方はないものでしょうか。(考えすぎですかね?)

 

DSCF0726_01

 

DSCF0729_01

 

DSCF0734_01

 

DSCF0740_01

 

DSCF0747_01

 

DSCF0748_01

 

DSCF0754_01

 

この日は日比谷公園と丸の内を散歩してきました。

天気は曇り空でしたが、紅葉に色付く公園やクリスマスイルミネーションで華やかな丸の内を写真に撮れたので満足です。

クリスマスイルミネーションって、個人的にはハロゲン色(暖色)が好きなんですよ。白とか青とかはちょっと苦手。

その点で丸の内のイルミネーションはポイント高いです。

 

DSCF0757_01

 

DSCF0762_01

 

DSCF0763_01

 

DSCF0772_01

 

DSCF0774_01

 

DSCF0782_01

 

DSCF0783_01

 

DSCF0785_01

 

DSCF0786_01

 

DSCF0789_01

 

XF56mmF1.2 R APD はやはりとても良い写りをするレンズです。

とにかくボケの質と描写の安定感が素晴らしい。

苦手なのは玉ボケくらいでしょうか。

ピント面描写のコントラストが高い割に細い線は解像できてない感じがするのですが、非 APD タイプの MTF も 15 本/mm に比べて 45 本/mm は比較的低めですし、これはもともとそういう設計なのかもしれません。

これについてはとくに不満があるわけではないです。

これまで使用経験のあるレンズでお気に入りランキングを作ったとしても相当上位になると思います。

 

DSCF0795_01

 

DSCF0798_01

 

今回はこのへんで。
ではでは。

Apodization

【2020 ワーストレンズ】 FUJIFILM XF50mmF1.0 R WR

関連記事

  1. Carl Zeiss Planar T* 1.4…

    撮影機材: NIKON Z7, Carl Zeiss Planar T* 1…

  2. Art Deco

    撮影機材: NIKON Z7, NIKKOR Z 24-70mm f/2.8…

  3. Incidents Tokyo

    撮影機材: NIKON Z7, AF-S NIKKOR 105mm f/1.…

  4. 春の光

    撮影機材: NIKON FM3A, AI Nikkor 50mm f/1.4…

  5. Life In Technicolor

    撮影機材: NIKON Z7, NIKKOR Z 50mm f/1.8 S…

  6. 綴りが難関のレンズ

    NIKON Z 7 + VOIGTLANDERAPO-LANT…

  7. Osaka

    撮影機材: NIKON Z7, NIKKOR Z 50mm f/1.8 S…

  8. This is it

    NIKON Z 7 + NIKKOR Z 50mm f/1.8 S&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Recent Posts

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP