写真・カメラ・レンズ

手段が目的化していくほど良い

撮影機材: NIKON Z7, AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED, Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2

 

 

 

どうも。ご無沙汰してました。

 

 

なかなか写真を撮りに出歩くこともままならず、約1ヶ月半ぶりの更新です。

 

 

パパは赤ちゃんを放っておくわけにはいかないのです。

 

 

そんな感じなので、しばらくは更新頻度が下がってしまいそうです。

 

 

ただカメラを全く触っていなかったかと言われればそうでもなくて、毎日のように赤ちゃんの写真を撮ってはニヤニヤして楽しんでいました。

 

 

ここで世界一キュートなわが子のプリチーフォトをお見せできないのは本当に残念で仕方ありません。(親バカ)

 

 

というわけで、今後また時間を見つけてはちびちびと写真を撮り溜めて、それをここにまとめていければと思っています。

 

 

さて前置きが長くなりましたが、数か月ぶりに少しだけ撮り歩きに行ってきました。

 

 

やっぱり写真は楽しい。

 

 

特別これが撮りたいっていうものがあるわけでもなく、適当なものを適当に撮っているだけなんですけどね。

 

 

ファインダーを覗いてシャッターを切る、という行為そのものが既に楽しい。

 

 

趣味って、手段が目的化していくほど良いと思うのです。

 

 

仕事とは真逆で。

 

 

クリアすることが目的のゲームなのか、プレイすること自体が楽しいゲームなのかの違いみたいな。

 

 

つまり FINAL FANTASY とマリオカートの違いです。(伝わらない)

 

 

いい写真が撮れた時はそれはもちろん嬉しいのですが、撮ること自体から楽しい方がもっと幸せなんじゃないかというそれだけの話です。

 

 

 

今回はこのへんで。

ではでは。

-写真・カメラ・レンズ
-, ,