写真・カメラ・レンズ

光の解釈の仕方

RICOH GR IIIx, NIKON Z 7, AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

光を撮っています。

R0000288_01

ここにも光。

R0000289_01

ここにも光。

R0000293_01

ここにも。

R0000296_01

ここにも。

R0000298_01

R0000299_01

写真を撮るということは、突き詰めていけば光を写し取るということです。
カメラ・オブスキュラの誕生から変わらない原理原則です。
太陽のない曇り空の日も雨も日も、月の出ていない夜だとしても、そこに何かが写るなら必ずそこに光がある。
世界は光に満ちている。

R0000300_01

DSC_3198_01

DSC_3201_01

写真のいちばんオモシロイところは、光の解釈の仕方にあるのではと常々思っています。

写真というのは、いわば二次元平面に焼き付いた光の痕跡です。
そのプロセスのなかで必ず情報の劣化が起こります。
そしてそれと同時に何か解釈するための余白が生まれてくるのです。

DSC_3203_01

DSC_3205_01

DSC_3209_01

たとえばレンズだってそうです。
そこにある光を復元しようと思っても、そのすべてを取り込むことができない以上必ず情報は劣化します。
まして球面のガラス玉で光を集めている以上、収差や減衰の影響も避けられません。

そう考えてみると、レンズ設計というのは光の解釈の方法をデザインしてると言えるのかもしれません。
だからこそ、そこに思想やロマンが存在するのでしょう。
たぶんカメラも同じです。

DSC_3206_01

DSC_3212_01

DSC_3213_01

実際にその光景に立ち会っている自分と比べれてみれば、写真の中から得られる情報は極めて限定的です。

どこにピントを合わせるのか(合わせないのか)。
フレームのなかに何をどう収めるのか(収めないのか)。

そして限定できるからこそ、僕たちは光の写し取り方を通じて表現することができます。
それは真実とは程遠いものであっても構わないのです。

DSC_3214_01

DSC_3215_01

DSC_3216_01

解釈というのはおそらく撮る人によっても、機材によっても、見る人によっても変わります。
もちろんより多くの人が良いと感じる表現の仕方というのはあるのだと思います。
でも趣味の範囲で言えば、必ずしもそれを突き詰めていく必要はないでしょう。

好きなことというのは、結果より手段を目的化できた人の勝ちです。
存分に自分が好きだと思える光の解釈の仕方を追及すればいいのです。

DSC_3219_01

DSC_3223_01

DSC_3226_01

今日はお家にサンタさん(自腹)も来たことですし、これからますます解釈していこうと思います。
メリークリスマス!
ではまた次の記事で。

  • この記事を書いた人

nuts2u

日々の出来事や撮り溜めた写真を気ままにポストしています。

-写真・カメラ・レンズ
-, ,