いまさらレンズ

【いまさら】AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

NIKON AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

いまさらレンズ

全国1億3千万人の標準単焦点さえあればご飯何杯でもいけちゃう皆さんこんにちは。レンズにもご飯にもフードがつきものですね。(うまくない)さて今回のテーマは「いまさらレンズ」。タイトルの通り紹介するのもいまさらなレンズをあえてピックアップして語ってみようというコーナーです。逆に言えばある程度使い込んだレンズということでもありますね。とはいえレビューなんて堅苦しいことは言いません。このレンズのここが好き!っていうのをだらだらと語る、みたいな感じでゆるくやっていこうと思います。

というわけで、第1回は AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G をチョイスしてみました。僕の愛して止まないレンズ。最初に語るにはもってこいでしょう。

魔性のレンズ

発売日は 2013 年 10 月 31 日。もう 8 年以上も前に設計されたレンズということになります。既にニコンのシステムも Z にかなり移行が進んでいますし、まさに語るにはいまさらなレンズです。それでも僕はこのレンズを長年愛して使い続けています。 " Z レンズにハズレ無し" と言われる今になってなお使い続けるだけの理由があるということです。

最大の特長は何と言ってもボケ描写。このレンズが他と一線を画すのはとにかくここだと思います。なんていうか光が散らばっていくようなボケ方をするんですよね。でもしっかり芯はある。僕はよく "マットな質感のボケ" と表現しています。いわゆる "きれいなボケ" って光が均質に広がってるイメージなんですけど、58/1.4G はそれとはなんか違う。収差をうまく使って光を散らしている感じがします。知らんけど。

特筆すべきは光を取り込んだ時の描写。光がじわりと滲んで混じり合いながら溶けていきます。これを一度味わってしまうと、ちょっともう普通のレンズには戻れなくなります。まさしく魔性の描写

この傾向は寄れば寄るほど強くなりますが、かわりにピント面も柔らかくなり背景は暴れやすくなります。大きくボカすという使い方よりは、被写体や背景と相談しながらマットな質感が活かせる距離感で使うのがコツかもしれません。距離次第ですが1段くらい絞ることで描写をコントロールすることもできたりします。ただやっぱり「おお...」となる描写は開放ってことが多いので、とりあえずは f/1.4 で大振りしてみるのがオススメ。経験的には1~2メートルくらいの距離がこのレンズのスイートスポットという感じ。

で、結局どんな写真が撮れるのよ

さて色々と語ってはみたものの、やっぱりレンズに関しては百の理屈より一枚の写真、結局このレンズでどんな写真が撮れるのよ?というのが一番大事ですよね。というわけで、拙いながら僕がこのレンズで撮り溜めた写真を並べてみようと思います。写真は RAW 現像済みのものですのでご参考まで。

_DSC1514_01
f/2.2
_DSC1355_01-3
f/2.2
DSC_3151_01-2
f/1.4
Glass Window
f/1.4
DSC_1783_01-2
f/1.4
DSC_1166_01-2
f/1.4
DSC_2197_01
f/1.4
Tree
f/2
DSC_4120_01
f/1.4
DSC_4024_01
f/1.4
DSC_4397_01
f/1.4
DSC_4441_01
f/1.4
DSC_7896_01
f/1.8
DSC_7914_01
f/1.4
DSC_7918_01
f/1.8
DSC_8371_01
f/1.4
DSC_8378_01
f/1.4
DSC_8795_01
f/1.4
DSC_8836_01
f/1.4
DSC_8846_01
f/1.4
DSC_8849_01
f/1.4
DSC_0401_01
f/1.4
DSC_0448_01
f/2
DSC_9933_01
f/1.4
DSC_0400_01
f/1.4
DSC_1263_01
f/1.4
DSC_3213_01
f/1.4
DSC_3215_01
f/1.4
DSC_3210_01
f/1.4

写真が好きになるきっかけをくれたレンズ

自分でもあらためて見返してみて、やはりいいレンズだなと思いました。もしかしてこのレンズと出会わなければ、ここまで写真に夢中にはならなかったかもしれません。これがなかったらニコンじゃなくてもよかったかもしれません。どんなに最新の高性能なレンズたちが端正で再現力の高い描写をしようとも、その先にはこの描写を超える好きはない気がします。

まあでも好き嫌いは結構分かれるレンズだと思います。この描写の違いが見出せない人にはただの不出来なレンズに見えるでしょうし、違いは理解できても好みではない人には最悪なレンズですらあるかもしれません。個人的にはこれのもうすこし扱いやすい感じのが NIKKOR Z で出ないかなぁなんてずっと思っているのですが。待てど暮らせどその気配はないですね。

というわけで今回はここまで。
それではまた次回!

  • この記事を書いた人

nuts2u

日々の出来事や撮り溜めた写真を気ままにポストしています。

-いまさらレンズ
-