写真・カメラ・レンズ

背面液晶で使う

LEICA M10, KONISHIROKU Hexanon 50mm F1.9.

このレンズ実は無限遠が出てないようでして、フォーカスリングを回しきったところでも前ピンになってしまいます。
ファインダーのスプリット像でピントを合わせをしても、どこでも前ピンになってしまいます。
なので基本的にはライブビューでピント合わせするしかありません。
背面液晶でのみ使うことを許されるレンズです。

L1000495_01
L1000498_01
L1000500_01
L1000501_01
L1000502_01

どうやら前回使った時もほとんどの写真が前ピンになっていたようで、今回きちんとライブビューでピント合わせをして使ってみたところ、かなり印象が変わりました。
…まあそりゃそうか。
なかなか品のある描写ですよね。

L1000504_01
L1000505_01
L1000507_01
L1000508_01
L1000509_01
L1000510_01

…とはいえ、写真はファインダーを覗きながら撮りたい派の僕からすると、やっぱり不完全燃焼感は残ります。
ここで「よっしゃ!いっちょバラして直してみっか!」とかできればいいのですが…
ちょっと自信ないなあ。

あと一度バラして戻した状態がきちんと設計通りに戻るのかってどうなんでしょうね。
まあ既に今が怪しいので失うものはないとも言えますが。

  • この記事を書いた人

nuts2u

日々の出来事や撮り溜めた写真を気ままにポストしています。

-写真・カメラ・レンズ
-,