写真・カメラ・レンズ

シャッターを切ること、写真を撮ること

NIKON Z 7 + CARL ZEISS Makro-Planar T* 2/50 ZF.2

本を買って読みました。とてもおもしろかったです。というのが今日の話です。

写真との付き合い方って人それぞれなので、こういう本を読んで響くものがあるかどうかってのもまちまちなんですよね。今回に関しては個人的に得るものが多かったです。

DSC_1045_01

DSC_1049_01

たしかに言われてみると、「シャッターを切ること」と「写真を撮ること」は同時に行われるべきものと勝手に決めつけていた気がする。

DSC_1051_01

DSC_1053_01

実際、僕はわりと撮る前から諦めていることが多いです。

「とりあえずシャッターを切っておく」とか「うまく撮れる気がしないけどチャレンジしてみる」とかそういうことをほとんどしないので。

良く言えばその分打率は高いんだけど(あくまで自分のなかでの)、考えてみれば打率を高める意味ってそんなにないんだよな。

DSC_1059_01

DSC_1069_01

そういう撮り方を変えなきゃいけないってわけじゃないんだけど、逆に違う写真との付き合い方をしちゃいけないってわけでもないんですよね。

DSC_1080_01

DSC_1057_01

まあとにかく自分の懐に落ちてくるような話やフレーズがたくさんあったので、僕は満足しています。

ちなみにこんな本もあるので気になる人はどうぞ。

今回はこのへんで。ではでは。

  • この記事を書いた人

nuts2u

日々の出来事や撮り溜めた写真を気ままにポストしています。

-写真・カメラ・レンズ
-,