レンズは熱いうちに買え

NIKON Z 7 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

 ようこそ ここ は レンズ の ぬま。

 その日、とくに目的もなくスマホでネットサーフィンしていた僕は、何の気なしに立ち寄ったマップカメラの Web サイトで NIKKOR Z 50mm f/1.2 S が在庫ありになっていることに気がつきました。
 「お、Z50/1.2 の在庫復活したのかー」
 そう思った次の瞬間、スマホを持っていない僕の左手に急にずっしりとした重みを感じたのです。
 恐る恐る左手を見てみると……なんとそこには、ちょうど今ネットで閲覧していた NIKKOR Z 50mm f/1.2 S が握りしめられているではありませんか。
 キャーーー(甲高い叫び声)

DSC_9141_01-2

 …………お分かりいただけただろうか。

 というわけで、買ってしまいました NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 。
 まあレンズは熱いうちに買えという諺(ことわざ)もありますしね。
 いや無いけどな。
 でも後悔はしてません。

DSC_9149_01

DSC_9151_01

 正直なところ Z50/1.2 は、発表された当時は完全にノーマークのレンズでした。
 というのも Z50/1.8 と同じようなタイプで開放 F 値が明るいだけのレンズだと勝手に思い込んでいたから。
 だとしたら、こんなクソデカ標準レンズどこの頭のネジが飛んだやつが買うんだよとか思ってました。
 …まあ、どうやら僕の頭のネジも足りてなかったみたいです。

DSC_9152_01

DSC_9157_01

 ただ言い訳をさせてもらえるとしたら、まず Twitter に出てきた作例が凄すぎたんです。
 あそこで完全に潮目が変わりました。
 逆に言えば、公式のサンプル写真どんだけ魅力伝えるの下手なんだって話にもなりますが…。

DSC_9168_01

DSC_9171_01

 SNS に日々上がってくる作例を見ていると、とくに引きの絵で撮った写真ではピント面との境界がわからないほど自然で連続的なボケで、普通のシャープなレンズだとピント面だけがスッと立ち上がる感じなのですが、それとは違くてなんというかピント面に近いほど存在感の密度が増すような写りに感じました。
 ちょっと今まで見たことのないタイプの立体感。

DSC_9164_01

DSC_9165_01

 それからフォトヨドバシの実写レビューも凄かった。
 さすが俺たちの K さんっていう感じの作例の数々。
 (一体いつお前の K さんになったんだ)

 Nikon(ニコン) NIKKOR Z 50mm f/1.2 S 実写レビュー | フォトヨドバシ
 http://photo.yodobashi.com/nikon/lens/z50_f12s/

 このうち、とくに2枚目の後ボケのやわらかさには驚きました。
 これだけシャープなレンズでこれだけやわらかい背景描写ができるなんて。
 いま振り返ってみると、たぶんここで「このレンズ買おう」と決めたのだと思います。

DSC_9176_01

DSC_9179_01

 ただファーストロットは軒並み在庫切れだったようで、結局手にするまで二ヶ月弱かかってしまいました。
 いや、発売日に予約購入をキメた方々は先見の明があったと思います。
 恐れ入りました。

DSC_9183_01

DSC_9192_01

 まあでも箱を開けた時は 70-200/2.8 かな?みたいな外見に思わず笑っちゃいました。
 「え、これ本当にズームしないんだよね?」って。

DSC_9193_01

 それで早速試し撮りに出掛けたのが今回の写真です。
 一応、なんとなくこう撮ったら特長が活かせそうだなっていうイメージは持って行ったのですが、正直かなり難しかったです。

DSC_9195_01

DSC_9196_01

 具体的には、自分が普段 50mm のレンズで被写体に近づく距離よりもっと引いたポジションから撮ることを意識して使ってみました。
 なので、今回はいつもに比べて結構引きの絵が多くなってるハズです。(当社比)

DSC_9197_01

DSC_9200_01

 理由は2つ。
 ひとつは、収差の少ない 50mm f/1.2 というスペックから来るいわゆる中判感を得るにはその方がいいから。
 もうひとつは、ピント面の存在感が増すっていう描写を自分で撮ってみたかったからです。

DSC_9205_01

DSC_9215_01

DSC_9210_01

 僕自身そういう撮り方に慣れていないというのもあって、今回はかなり難しく感じました。
 このへんは精進あるのみ。

DSC_9219_01

DSC_9227_01

 ただ、実は使ってみると意外と結構レンズにもクセがあることがわかってきて、そのあたりも難しさを増した原因のひとつだったりします。
 このあたりは、もう少し色々試してからまとめたいなと。(言うだけ言っとく)

DSC_9235_01

DSC_9240_01

 ただ 50mm ってやっぱりいいです。
 改めてそう思いました。
 体に沁み込んでる。
 ファインダーを覗いた時にイメージとほとんど誤差がないのが気持ちいい。

DSC_9242_01

 お世辞にも軽くて小さいレンズとは言えませんが、思ったよりホールディングが良くてそれほど苦もなく振り回すことができたのは良かったです。
 またしばらくはこのレンズとじっくりお付き合いしていきたいと思います。

 それでは今回はこのへんで。
 ではでは。

レンズ雑録 #6 「レンズを読む~良いボケ・悪いボケってどんなボケ~」

Photo-graph

関連記事

  1. ハイファイ メッセージ

    NIKON Z 7 + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G…

  2. 親知らずを抜いた日

    NIKON Z 7,  NIKKOR Z 50mm f/1.8 S&…

  3. 新しい仲間がやってきた

    撮影機材: NIKON Z7, Nikkor-S・C Auto 50mm F…

  4. 冬の空気

    FUJIFILM X-Pro3 + XF56mmF1.2 R APD…

  5. 週末天気予報曇り

    NIKON Z7, SP 35mm F/1.4 Di USD (Model …

  6. 雨上がりの晴れた午後に

    撮影機材: NIKON Z7, AI Nikkor 50mm f/1.4S…

  7. ほしい洗濯機が買えない

    NIKON Z 7 + NIKKOR Z 50mm f/1.8 S&…

  8. アサカツ!

    NIKON Z 7 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G E…

コメント

  1. アバター
    • NIKKOR CLUB 正規会員(#2◯2◯◯5)
    • 2021年 2月 14日

    毎回思うので一筆させていただきます。
    何故Zマウントの記事だけを載せ続けるのでしょうか?
    小生は死ぬまでFマウントを愛してゆくでしょう。

    たまにはFマウント関連の記事を載せる気は無いのでしょうか?

    小生如きが声を上げたところで、何も変わらないとは存じ上げて居りますが…、
    Nikon使いの撮り手として正直悲しくなるので
    大変申し訳ございませんが、一言綴りました。

    • コメントいただきありがとうございます。

      “Fマウント”というのは「Fマウントカメラ」のことでしょうか。
      そういう意味ですと、今私の手元にはFマウントカメラはFM3Aしか残っていませんので、それ以外のFマウントカメラの記事を作ることができないというのが現状です。レフ機を手放した理由としては、私の作風からご推察のことかと思いますが、Zシリーズの恩恵が大きいからです。
      (なお過去・現在の所有機材一覧は、PC表示でトップページ上のバナー「Cameras & Lenses」からご覧いただけます)

      「Fマウントレンズ」という意味でしたら、むしろ私の場合ZマウントレンズよりもFマウントレンズの方が使用頻度が高いので、それに比例して記事もFマウントレンズの方がたくさん書いているつもりでした。実際、記事数を確認してみましたが総数としては倍以上書いているみたいで、自分でもこんなに偏ってたのかと思うくらいでした。
      (記事数は、PC表示で記事ページ右欄の各レンズタグに表示されている数字でご確認いただけます)

      せっかくですのでレンズに関してだけ少し付け加えさせてください。
      私はそれほどカメラ歴が長いわけではありませんが、Fマウントは紆余曲折ありながらも半世紀以上続いてきたマウントですし、最近新しいレンズが出てこないこと自体は私としても寂しく思っています。ただ一方で会社の生き残りをかけた戦いの最中、そこにリソースを割くのはなかなか難しいのかもなあとも思ってはいます。
      そういう意味では、ニコンからFTZなるアダプタが出ていることに感謝しつつ(お世辞にもリーズナブルとは言い難いですが)、Fマウントで育んできた3次元的ハイファイをはじめとするNIKKORレンズに対する思想を過去のものにしないために、いまだに/これからもFマウントレンズを使い続けていこうと個人的には思っています。
      それが私にとってのニコンへの応援とFマウントレンズへの感謝の表し方だと思っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Recent Posts

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP