無彩色の街

NIKON Z 7 + NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

2か月半ぶりに髪の毛を切りました。
これから仕事が忙しくなりそうだったので、その前にと。

昼食に立ち寄ったお店で、会計中のカップルの男の子が「ニンニクたっぷりで助かりました」って店員さんに言ってたのがなんかツボりました。
ていうか今思い出しても面白い。

ニンニク量について述べる文章に “助かりました” って登場する余地あるんだ。すごく良い。使いたい。
ていうか彼女さんも小声で「助かりましたって…w」とか言うのやめてほしい。わろてまうやろ。
お幸せに。

DSC_9451_01

帰り道に三越前で下車して日本橋から京橋・銀座・八重洲・有楽町・日比谷エリアを散歩しました。
日本橋の麒麟像。スタート地点としては日本で最も相応しい場所かも。

麒麟像と言えば東野圭吾さんの小説『麒麟の翼』ですね。(僕だけ?)
この小説いったい何人不幸に叩き落したらしたら気が済むんだってくらいストーリーが惨いので、読むのは心が元気な時にすべきだと思います。

DSC_9452_01

DSC_9450_01

DSC_9459_01

DSC_9461_01

DSC_9471_01

DSC_9478_01

それにしてもモノクロームな街並み。
わずかに散らばる色もグレイッシュなものばかり。
まあ曇り空というのもあるとは思いますが、とにかく撮るのが難しい。

修行がまだまだ足りてませんね。

DSC_9481_01

DSC_9474_01

DSC_9517_01

DSC_9527_01

さて FE 50mm F1.2 GM が発表になりましたね。

まだまだサンプル写真も少なくて自分の目で確かめられていないことも多いですが。
現時点で個人的に一番驚いてるのは軸上色収差の少なさ
カタログ上は異常部分分散ガラスを使っていないとなると、原理的にあんなに小さくならないはずです。(多分)
秘密で特殊なガラスを使ってるのか画像処理の魔法なのかは分からないけど、画像処理だとしてもそれはそれで画像処理がすごいです。

ボケはうるさいとか言われてるけどそれはどうかなー。
とろけるボケでは決してないけど、そもそも Z50/1.2 もとろける系じゃないし。
今のサンプルだけだと明確な差はわからないですね。

あとレビューサイトとか著名なレビュワーさんが、ボケの比較と銘打って玉ボケの写真だけ並べるのいい加減やめてほしいですね…
ボケの質の違いとかよくわかってないでやってるでしょ…と思ってしまいます。

こういうことがよくあるので、一度気合い入れて記事を作りました。
もしご興味とお時間があればどうぞ。

今回はこのへんで。
ではでは。

アサカツ!

幕間

関連記事

  1. 梅雨の隙間

    NIKON Z7, AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G&…

  2. 標準ズーム

    撮影機材: NIKON Z7, NIKKOR Z 24-70mm f/2.8…

  3. 曇り時々晴れ -B side-

    NIKON Z7, TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD …

  4. AI Nikkor 50mm f/1.4S vs…

    撮影機材: NIKON Z7, NIKON D850, NIKON D550…

  5. 記録が表現に変わるレンズ

    NIKON Z7, TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD …

  6. 記録のイメージ

    NIKON FM3A, Nikkor-S・C Auto 50mm F1.4,…

  7. 明治神宮の秋

    NIKON Z 7 + NIKKOR Z 50mm f/1.8 S&…

  8. 神保町の夜は今宵も

    撮影機材: NIKON Z7, NIKKOR Z 50mm f/1.8 S…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Recent Posts

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP